今日の献立
1 2 3 4 5 6
本日は、白子(シラス)ご飯です。
先日解禁になった静岡のシラス漁ですが、水揚げ量が少なく中々仕入れることができませんでした。
今回ようやく値段が合い、仕入れた次第です。

春を告げるシラス漁。
シラスとはイワシの稚魚ですが、昨年から不漁続き。
加工品のチリメンジャコもかなり値上がりしています。

やはり美味しいですね、新物のシラスは。
白ごはんに乗せて食べてもパクパクいけます。

当店のシラスご飯は黄金出汁に生姜をきかせ、たっぷりのシラスを入れて炊飯します。
春のシラスご飯はやはり美味しいものです。

◆おかず◆ 白菜と水菜の煮浸し 高野豆腐の卵とじ さつま芋の白黒小倉和え

◎税込サービス価格 530円
春を代表する旬の食材タケノコ。
市場には最後に石川産が出てきますが、当店としては今回が最後になります。

本日は、筍(タケノコ)ご飯です。

毎年恒例の合馬(オウマ=北九州市)から極上のタケノコが航空便で入荷しました。
食用の竹林としては日本一の面積を誇り、赤土の粘土質がタケノコの土壌として優れています。
朝イチで湯がき、半日置いて調理にかかります。



関西では京都産が有名ですが、私はいつもここのを使います。
まず、タケノコ独特のえぐ味が少ない。
肉厚なのに柔らかく、味(甘み)、香り、共に申し分のないタケノコです。

合馬とはいいましても、もちろんピンキリ。
ランクを下げてお安く・・とも考えましたが、やはり上物を仕入れました。

当店の黄金出汁は濃厚です。
そのまま筍ご飯にすると、タケノコが負けてしまいます。
今回は少し出汁をゆるめ、油揚げと共に炊飯します。

名残りゆくタケノコ。
最後の筍ご飯をぜひお召し上がりください。

◆おかず◆ エリンギの衣揚げ 豆苗の卵炒め 茄子の煮浸し

◎税込出血価格 550円

【おまけ】しきしき厨房 若竹煮
本日は、鮭(サケ)ハラスご飯です。
今回は貴重で高価な紅鮭のハラスが入荷。
ハラスとは鮭の大トロの部分で、最も脂がのる部位です。


ハラスは1匹で2本しかとれません。今回は10匹分を使います。

昨今人気のハラス。
日本人は脂が大好きですから分からなくもありません。
ただマグロでいえば大トロの部分。
私は中トロぐらいが好みです。(苦笑)

鮭のハラスとはいいましても種類によって違います。
スーパー等で安いものは大抵がノルウェーやチリなどからの輸入のもの。
養殖されたサーモンは不自然な脂があります。

今回は天然の紅鮭のハラスですから、身は甘く旨味があります。
また、よくある国産の銀鮭などのハラスよりも美味しいと思います。

フライパンで香ばしくきつね色に焼き目をつけます。
腹骨を取り皮を除き、身をほぐして黄金出汁で炊飯します。

とても香ばしく旨味の濃い紅鮭ハラスご飯。
勉強価格でご提供します。

◆おかず◆ 高野豆腐の含め煮 白ネギの卵とじ キュウリとワカメの酢の物

◎税込勉強価格 530円

【本日はサービス券の発行日です】
本日は、椎茸(シイタケ)ご飯です。
生産量日本一の徳島から立派な椎茸が入荷。
傘の大きさが成人男性のこぶしほどもあります。



椎茸をご飯にするには食べやすくカットします。
それなら小さくても良いのではと思われるでしょうがそこは違います。
やはり肉厚で大きなものは、切っても食べごたえがあります。
また、身の硬い椎茸は特に上物です。

菌茸類は大きな方が美味です。
旨味、香りともに持ち味が生きて違いが感じられます。
菌茸は大きなものを買いましょう。

椎茸の石づきを取り、傘の部分を食べやすく切ります。
石づきは繊維に逆らって極薄く切ります。
黄金出汁にきざんだ油揚げ、椎茸を入れて一気に炊飯します。

独特の旨味と香りのメジャーなキノコ椎茸。
特に椎茸ご飯は人気があり、よくリクエストをいただきます。
上等の生椎茸を使った今回のご飯は、きっとご満足いただけます。

◆おかず◆ 竹輪の磯辺揚げ 水菜とジャコのビーフン 春大根の田楽

◎税込勉強価格 530円
本日は、生・鹿尾菜(ヒジキ)ご飯です。
春は海藻の季節で、ヒジキ漁も解禁されました。
久方ぶりのヒジキご飯は昨年の9月以来になります。

乾物としてヒジキは通年出回りますが、昨年の大不作で数が激減。
切干大根と共に、最も値上がりした食材がヒジキです。
特に国産は希少で、よく使う当店では途方に暮れました。

いくら輸入物が安いとはいえ、国産が上がれば相場は連動します。
特に天草(熊本県)のヒジキを使う当店は、贔屓にしていた業者さんが高齢のために廃業され、今回半年以上も空いてしまいました。
今年の情報はまだ入ってきませんが、急に豊作になるとも思えません。

ヒジキは栄養バツグンの健康食品です。
カルシウムは牛乳の約12倍!

食物繊維はゴボウの約7倍!
鉄分はレバー(鶏)の約6倍!
と、普段から摂りたい食品です。

芽ヒジキを流水で洗い、油揚げと共に黄金出汁で炊飯します。

磯の香り満点のヒジキご飯をぜひお召し上がりください。

◆おかず◆ パプリカの衣揚げ ロメインレタスの卵炒め モヤシのゴマ和え

◎税込サービス価格 530円
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
6 7
12
16 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
しきしき
年齢:
10
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/08
職業:
料理家
趣味:
料理とお菓子の研究
自己紹介:
以前はこだわりの料理屋を営んでおりましたが、より沢山の方に召し上がっていただきたく、炊き込みご飯と雑菓子の店を本町にオープンいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

<営業時間>
11:00-19:00
売り切れ次第終了

<定休日>
土・日・祝祭日

<所在地>
大阪市中央区久太郎町2-5-18

<電話>
(06)6245-5636

<ご予約>
8:00~11:00までにお願いいたします。
バーコード
カウンター
カウンター
"しきしき" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.