今日の献立
1 2 3 4 5 6 7
本日は料理教室の日でした。
いつものように早朝から市場へ。
今日は貸切教室の為、いつもより早めのスタートです。
スタッフの方の配慮で仕入れも少なかったのですが、難題がブリでした。
私も驚いたのですが、天然物は早くも高騰。
日本一のブランド氷見(富山)の寒ブリは1本がなんと5万円!
実はおせちにも使いたいと思っているのですが、どうなりますでしょうか?



で、今日の献立は・・

【零余子ご飯】
当店でもおなじみの秋の味覚ムカゴを使った炊き込みご飯。
最近はムカゴも知名度が上がってきました。
新米にホクホクとしたムカゴは好評でした。

【貝汁】
アサリを使った貝の味噌汁。
アサリと真昆布からとった出汁に赤みそと白みそをブレンド。
大変上品な貝の旨みの生きた汁物でした。

【鰤大根】
問題のブリ大根です。
養殖のブリは安くていくらでもあります。
ただ養殖は使いたくありませんし、それなら天然のハマチにしようかと悩みました。
何軒か回り、偶然見つけた大きな間八(カンパチ)。
ブリと同じ鯵科の魚で大型の回遊魚です。
もちろん天然物ですし、お刺身用の贅沢な魚。
馴染みの店で安くしていただきブリの代用にはバッチリでした。
下処理した大根と煮ましたが、上品でしっとりとした身は正に極上。
でも、お刺身で食べたいと思った方が多かったかも知れません。(苦笑)


まな板からはみ出ています(笑)

【木の子と法蓮草のお浸し】
大ぶりにほぐした椎茸とマイタケ、エノキをソテー。
サッと湯通ししたサラダホウレン草と、特製の合わせ出汁で和えました。
キノコの香りと食感が良く、最後に搾ったスダチが爽やかな一品でした。

本日もご参加ありがとうございました。
次回は12月3日(土)で今年の最終です。
お正月に因んだ料理教室になります。
本日は料理教室の日でした。
今日も早朝から市場へ。
やや仕入れに苦労した日でしたが、まずまずの物がそろいました。



【芋蛸ご飯】
当店でも人気のタコめしに、これから美味しい里芋をプラスしてみました。
タコはいつものように明石の活けダコを使用。
ホクッとした里芋もゴロゴロとやや大きめに切り食べ応えも十分。
事前にとった黄金出汁とタコのエキスで、好評なご飯でした。

【松茸のお吸い物】
松茸も急に高くなりました。
あまりの高さに平茸でもと思いましたが、やはり松茸は特別です。
傘の開いた物ならと、一盛りだけ安くしていただけました。
贅沢な一番出汁に松茸のスライスと塩と醤油のみですが、真面目に作った物はやはり美味。
料理はシンプルに限ります。

【白身魚の揚げ出し】
当初はマナガツオを皆さんに下ろしていただく予定でしたが、手頃なサイズがなく断念。
急きょ、サワラに変更しました。
大きなサワラでしたので私が下ろして切り分けます。
打ち粉をしたサワラをこんがりと油で揚げ、パプリカ、椎茸、長芋、しし唐を入れた特製のあんをかけて仕上げます。
最後におろし生姜を天盛りに・・
この一品も好評でした。

【豆腐麺】
夏に残ったそうめんを活用した新鮮な一品。
水切りした豆腐ときざんだ小松菜、そして固茹でしたそうめんをゴマ油で一気に炒めます。
ミリンで割った醤油を使いましたが、醤油のみでも香ばしくて美味しいかと思います。

本日もご参加ありがとうございました。
次回の和食は少し空きますが 12月3日(土)になります。
お正月料理を予定していますので、ふれあいクッキングのページでご確認をお願いします。
本日は料理教室の日でした。
今回は話題の希少糖を使った献立での実習。
レアスウィート様の協賛で、なんとお土産付きで1,500円の参加費と大変お得な一日でした。



今日は朝から凄い雨・・
気持ちも少々めげましたが、最高の食材を求めて早朝から市場へ。
天候が悪く入荷状況が不安でしたが、タイミングよく良い物が買えました。
特にこの鶏魚(イサキ)は刺身にもできるほどの高鮮度。
思わず嬉しくなりました。


極上イサキ。赤いのは締めた後です。

【白子丼】
シラスも良い物が買えました。
愛知の浜茹でシラスを使用。
炊きたてのご飯に、きざんだ青ネギと大葉、煎りゴマときざみ海苔、花カツオをトッピングし、レアスウィートと醤油で作った特製タレを。
最後に温泉玉子をのせていただきました。
これはもう美味しくない訳がありません。

【枝豆のすり流し汁】
涼風を誘う鮮やかな緑・・
莢のまま湯がいて薄皮までむき、すり鉢ですった後に更に裏ごしてなめらかに。
のばす出汁は贅沢にハマグリを使いました。
少し冷やして涼しげにガラスのグラスに流し込みます。
本当に爽やかな一品でした。

【鶏魚の空揚げ】
バツグンのイサキを皆さま各一匹。
恒例のお刺身でも味わっていただきました。

まずは出刃包丁で三枚に下ろしていただきます。
慣れた方から初めて魚を下ろす方まで・・
通常は魚屋さんに頼む方が多いと思いますが、貴重な体験になりましたでしょうか?
下処理したイサキと万願寺をカラリと空揚げに。
今回は本格的にユズとスダチを使った手作りのポン酢でご賞味していただきました。

【煎り豆腐】
カボチャ、ニンジン、ゴボウ、シイタケ、絹サヤ、コンニャクと、木綿豆腐を一気に煎りつけて作る煎り豆腐。
味つけは醤油とレアスウィート、酒のみでシンプルに。
素朴ながら味わいのある一品です。
皆さま、ちょっと触りすぎて、豆腐が粉々になってしまいましたが、次回はきっと上手くいくでしょう。

希少糖を使った本日の献立。
使い勝手も良く、お店でも使いたいとは思いますが、コストの面で思案中です。
ご興味のある方はぜひ使ってみて下さい。

本日もご参加ありがとうございました!
昨日は料理教室の日でした。
今回の献立は・・



【新生姜と烏賊とホワイトアスパラのご飯】

今が旬の新ショウガ。
色白で辛みが少なく柔らかい。
昨年に新ショウガだけのご飯をやりましたので、今回は応用編を。
イカはお刺身用のスルメイカを短冊にして使いましたが、ショウガとの相性はバツグンです。
ただアスパラのホワイトは最近入荷がなく、代わりにユリネを使いました。
昆布ダシでも美味しくできますが、今回はカツオダシで。
爽やかな食味はご好評をいただきました。

【新蓴菜と豆腐の赤出し】

初夏に出回る秋田名産の新ジュンサイ。
生は鮮やかな青とプルプル感が贅沢な気分になります。
ダシに赤ミソを溶き、色出ししたジュンサイとさいの目に切った豆腐を入れて仕上げました。
極シンプルな汁物ですが、素材が良いとやはり美味です。

【海老の食パン揚げ】

ちょっと洋風のような和食も目先が変わって面白いものです。
薄切りにした食パンでエビ真薯を挟んで揚げた一品。
エビは甘みのある天然の赤足エビを使い、すり身や卵、山芋などをすり鉢ですり、食パンにサンドします。
サラダ油でカラリと揚げ、食べやすく切ってできあがり。
大変香ばしい風味とサクッとした食感は病みつきの味?
付け合せにはパセリの素揚げとレモンを添えました。

【浅蜊と小松菜の辛子和え】

暑くなると爽やかなものが食べたくなります。
辛子をピリリときかせたおつな一品。
春からはアサリも肥えて美味しくなります。
今回は特に大きなアサリを使い酒蒸しに。
その煮汁で湯がいた小松菜を和え、辛子で味を引き締めます。
最後に炙った浅草のりをパラリ・・
これからの時期、こういう一品も良いものです。

いつもご参加くださりありがとうございます。
次回は7月9日(土)になります。
献立は、シラス丼・枝豆のすり流し汁・イサキの空揚げ・煎り豆腐です。
本日は料理教室の日でした。
曇り空の中、雨を心配しながら早朝の市場へ。
献立に必要なアスパラとカツオを仕入れに行きました。
今年はカツオが高く、また入荷があるか心配しましたが、無事上物を発見。
アスパラも太いものがあり安堵。
普段の当店なら市場に出向いて献立を決めますが、料理教室の献立は事前告知。
当日に目当ての食材が無いと困ってしまいます。
で、本日の献立は・・・



【鰹の叩き】
お刺身にもできるほどの千葉の上物を使用。
魚体も大きく脂のりも抜群。
これほどのカツオなら何もせずにお刺身がおすすめですが、それでは料理教室になりません。(笑)
教室はIHの為、直火が使えません。
そこで、お手軽にフライパンで作れるタタキを実習しました。
また、水っぽくならずに旨みも逃さない作り方をご紹介。
薬味も青ネギ、シソの葉、ミョウガ、紅タデ、ニンニク、大根、生姜とふんだんに。
タレも国産レモンを使った自家製のポン酢を作っていただきました。
旬の鰹はやはり美味です。


千葉産 極上カツオ

【グリーンアスパラと海老の白扇揚げ】
北海道の立派なアスパラと海老を伸ばして空揚げ風に。
打ち粉をして、すりこ木でトントントンと叩く料理はみなさんの目が点。(苦笑)
しかし出来上がりは素材が生きた味と食感は新鮮な感覚でご満足いただけました。

【水雲雑炊】
春から出回る沖縄モズクを生かしたシンプルな雑炊です。
出汁を調味し、下処理したご飯とモズクを炊き、上がりに三つ葉を乗せて出来上がり。
所要時間も短く、比較的安価なモズクと三つ葉で本格的な雑炊が作れます。
ただ美味しさの秘密はダシですから、ダシは丁寧にとりたいものです。

本日もご参加ありがとうございました。
次回は6月18日(土)の予定です。
当店頭にもリーフレットをご用意していますので、ご自由にお取り下さい。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 6 8
13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
しきしき
年齢:
11
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/08
職業:
料理家
趣味:
料理とお菓子の研究
自己紹介:
以前はこだわりの料理屋を営んでおりましたが、より沢山の方に召し上がっていただきたく、炊き込みご飯と雑菓子の店を本町にオープンいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

<営業時間>
11:00-19:00
売り切れ次第終了

<定休日>
土・日・祝祭日

<所在地>
大阪市中央区久太郎町2-5-18

<電話>
(06)6245-5636

<ご予約>
8:00~11:00までにお願いいたします。
バーコード
カウンター
カウンター
"しきしき" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.