今日の献立
1 2 3 4 5 6 7
本日は料理教室の日でした。
今日の献立は、秋刀魚ご飯、つらら椎茸、けんちん春巻き、浅蜊のヌタの四品でした。


お味や香りをお伝えできないのが残念です

当店でもお馴染みの今が旬の秋刀魚(サンマ)ご飯。
掃除をしたサンマをフライパンで焼き、上身にして黄金出汁で炊飯します。
炊けたらざっくりと混ぜ、煎りゴマと刻んだ細ネギをふり、スダチを搾ります。
これは美味しいと、おかわりされる方も・・
今回は内臓を抜いたサンマと内臓も付けたサンマをそれぞれ別の炊飯器で炊いて食べ比べました。
どちらも美味しいけど、内臓も炊き込んだ方がサンマの持ち味が生きるというご意見が多くありました。

汁物にはつらら椎茸(シイタケ)を。
極上の一番出汁に、桂剥きにした大きなどんこ椎茸を入れた珍しいお吸い物を。
ベテラン主婦の方も多く、皆さんの包丁使いは私と遜色ありません。(汗)
上手に剥かれ、難なく出来上がりました。

けんちん春巻きは豆腐に野菜の具材を入れたものを春巻きの皮で包んで揚げた精進料理です。
水切りした豆腐を潰し、刻んだニンジン、ゴボウ、キクラゲ、モヤシなどと共に一度煮込んで味付けを。
それを春巻きの皮で包み、油でカラリと揚げて完成。
春巻きといえば中華のイメージですが、豆腐を使うと立派に和食になります。

浅蜊(アサリ)のヌタは活けのアサリを酒蒸しにして身を取り出します。
湯がいたワケギとワカメを辛子をきかせた特製の酢味噌で和え、紅たでを天盛りにします。
すべてを真面目に作ったヌタはスーパーや惣菜屋さんのものとは一線を画する味。
手間暇は嘘をつきません。
手抜きせずに丁寧に作ると、きっと美味しく仕上がります。
本日もご参加ありがとうございました。
今日は料理教室の日でした。
今回も当店のお客様がご友人とご参加くださいました。



本日の献立は・・

【ご飯】 枝豆ご飯
今が旬の枝豆を塩揉みして湯がき、外皮と薄皮を剥いて二つに割ります。
昆布出汁で炊いたご飯にざっくりと混ぜ込みます。

【汁】 新蓮根のすり流し汁
新レンコンの皮を剥き、おろし金ですり、熱湯でアク抜きします。
調味した出汁でのばして冷やし、じゅん菜と梅肉を天盛りにして完成です。

【主菜】 鱚の南蛮漬け
キスのウロコと内臓を取り除き、松葉に下ろして結びキスに。
片栗粉をつけて油で揚げ、熱々の南蛮地にしばらく漬けて出来上がりです。

【副菜】 夏野菜の卯の花和え
南瓜は蒸し、オクラと加賀太胡瓜は湯がきます。
パプリカと小茄子は油で揚げ、味の濃度の違うAとBのお出汁に漬け込んで冷蔵庫へ。
最後に水分を切った夏野菜を煎った卯の花で和え、小鉢に盛ります。

いかにも涼し気なお料理は皆さんの完成度も高く、まるで料亭料理。
ぜひご家庭でも作っていただき、ご家族やお客様を驚かせてください。
本日もご参加ありがとうございました!
本日は料理教室の日でした。
今回も大阪から当店のお客様がご参加。
大変ありがたく恐縮しております。

今日の献立は・・

【ご飯】 穴子ご飯
【汁】 焼きアスパラと油揚げの赤だし
【主菜】 活け鯵の生寿し
【副菜】 茄子のひばり和え



穴子は蒲焼きにしたもので鰻のひつまぶし風に。
汁は香ばしく焼いたアスパラと油揚げの具と出汁の香りが豊かな赤だしを。
早朝に仕入れた伊勢の鯵を三枚下ろしにし、塩と酢で上品に締めた生寿しは加減酢でいただきました。
また、夏野菜の茄子を油でサッと揚げ、湯がいて裏ごした空豆で和え物に・・

魚屋さんに頼めば捌いてくれますが、やはり自分で料理したものは格別です。
初めて魚を下ろすという方もおられましたが皆さんお上手で、大変ご満足いただけました。

和食は身体に優しく毎日食べても飽きません。
これからも色々な魚介や野菜を使ったお料理を考えていますので、機会があればぜひご参加ください。
本日は料理教室の日。
献立は、蛸飯・新牛蒡汁・生節と蕗の煮物・白滝の明太子和え・・でした。



今が旬の明石の岩蛸(いわだこ)に那智勝浦の鮪節(まぐろぶし)と蕗(ふき)。
実は鰹(かつお)の生節を使いたかったのですが、今年は鰹が不漁で入荷ゼロ。
急きょ鮪に変更しました。
仕入れは私に任せていただいておりまして、早朝に市場に行き、吟味して仕入れてきます。
ですから、料理屋で扱う品質の極上の食材での講習でして、それだけでもお値打ちかなと思っています。
まあ、講師はへぼ?ですが・・


白滝の明太子和えは、炒めた白滝と獅子唐、短冊切りにした長芋を和えた一品。
初めて食べたという方もおられ、ぜひ自宅でも作りますと仰られていました。
また、新牛蒡(ごぼう)のお吸い物は香り良く好評でした。

来月は焼穴子のご飯や鯵(あじ)を一匹捌いてキズシにします。
一度お魚を下ろしてみたい方はぜひご参加ください。
本日は料理教室の日でした。
前回お伝えした通り、当店の折り箱を使い、お弁当作りを実習していただきました。

今回は当店のお客様がなんと明石からご参加に。
遠いところを本当にありがとうございました。

さて今日の献立ですが、ご飯は今が出盛りの豌豆ご飯。
今回は餅米もブレンドして豪華な青豆ご飯に。

汁物は出汁の効いたかき玉汁を。
おかずは紅生姜の天麩羅、春蕪の含め煮、菜の花と螢烏賊の辛子和えを。
いつもは一汁二菜ですが今回は三菜を詰め込みました。



まずは折り箱の組み立てからしていただきました。
続いてバランも手作りで・・

全品出来上がってから詰め込む作業に。
今日はいくらぐらいですか?と聞く方もいれば、600円かな?と答える方もおられ、
なぜか皆さんのテンションも高く大盛り上がりでした。

普段は陶器の器で食しますが、たまにはこんな趣向も面白いものです。
次回はまた秋に出来るかも知れません。
皆さん、ありがとうございました。
大変お疲れ様でした。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
2 3
9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
しきしき
年齢:
11
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/08
職業:
料理家
趣味:
料理とお菓子の研究
自己紹介:
以前はこだわりの料理屋を営んでおりましたが、より沢山の方に召し上がっていただきたく、炊き込みご飯と雑菓子の店を本町にオープンいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

<営業時間>
11:00-19:00
売り切れ次第終了

<定休日>
土・日・祝祭日

<所在地>
大阪市中央区久太郎町2-5-18

<電話>
(06)6245-5636

<ご予約>
8:00~11:00までにお願いいたします。
バーコード
カウンター
カウンター
"しきしき" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.