今日の献立
大型連休(お仕事の方もおられるのであえてこの言い方で)、いかがお過ごしですか?

実は最近、一汁一菜という言葉に賛同しています。
料理研究家の著書等もありますが、これは以前から沢山の方が提唱されていました。

江戸の時代から長屋に住む町人の食事は一汁一菜が基本でした。
ご飯に汁、おかずが一品。
一見質素ですが、今の食事よりもある意味贅沢だったのかも知れません。

「近くて便利」などというどこかのCMがありますが、一汁一菜でもきちんと手作りした物の方が、豪華で栄養があり、美味しいのではないでしょうか?

当店のお弁当は一汁三菜です。(汁は別売りですが)
これは日本料理の献立の一つで、ご飯と汁、主菜が一品に副菜が二品。
一汁一菜から見ればかなり豪華に思えます。
特に当店は炊き込みご飯がメインになります。
炊き込みご飯というものは、ご飯とおかずが合体したものでして、炊き込みご飯なら、後は汁物があれば十分満足できるかと思いますが皆さんいかがでしょう?
(ただ炊き込みご飯というものは以外に手間暇がかかります。汗)

今の世の中、仕事を持つ女性が多く、忙しい中での三菜は少し大変です。
例えば土井善晴氏はご飯に具だくさんのお味噌汁だけでも良いのでは?と仰っています。

忙しい中でも一品で良いからきちんと手作りする・・
無理をして食卓に沢山のおかずを並べようとすると、どうしても手抜きになります。
それなら例え一品だけでも丁寧に真心を込めて作りたいものです。

料理教室でも当初は三菜でしたが、今は二菜になりました。
これは私が献立作りをサボった訳ではなく(苦笑)、限られた時間内で丁寧に作りたいといった理由からです。

また私は、主菜と副菜と言い分けるのが嫌いでして、どちらも主菜だと思って作っています。
(元々日本料理にメインディッシュは無いといわれています)
当店のお弁当ではカロリー的にはそうでも、どれがメインかなどと思って作ってはいません。

少し話がそれましたが、肩肘張らずに無理はせず、一菜、二菜でも良いのできちんとした物を食べたい、作りたい。
飽食の時代にあって、食事の欧米化などから日本人の健康が奪われていきました。
そんな時代だからこそ、一度原点に帰り、食の重要性を考え直したいものです。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 6 8
13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
しきしき
年齢:
11
性別:
非公開
誕生日:
2007/10/08
職業:
料理家
趣味:
料理とお菓子の研究
自己紹介:
以前はこだわりの料理屋を営んでおりましたが、より沢山の方に召し上がっていただきたく、炊き込みご飯と雑菓子の店を本町にオープンいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

<営業時間>
11:00-19:00
売り切れ次第終了

<定休日>
土・日・祝祭日

<所在地>
大阪市中央区久太郎町2-5-18

<電話>
(06)6245-5636

<ご予約>
8:00~11:00までにお願いいたします。
バーコード
カウンター
カウンター
"しきしき" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.